読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eigoでキラリ 同時通訳コーディネーターが教える『英語を話すのにTOEICはいらない』

一度きりの人生、世界中をできるだけ沢山、思い残すことなく巡りたい!子供にも世界を見るすばらしさを伝えたい。物怖じせずに出ていける人になってほしい。そして、日本の英語に苦手意識のある方々に難しく考えなくっていいよ、伝わる英語を話せたらいい!ってお伝えするブログです☆

「今度こそ英語を話せるようになるための勉強法は、〇〇!!TOEICの点数は、900点でも関係ない!!?

はじめまして。

 

やり直し英語コーチYukoです。

 

主にSkypeでのセッションで、

今度こそ英語を話せるようになるためのお手伝いをさせていただいております。

 

peraichi.com

 

 

 

 

ここで言う「やり直し英語」とは、

 

学校教育でずっと英語と関わってきたのに、結局未だに話せない。

 

  

 

 

そンなコンプレックス、ブラストレーションから抜け出して、

 

『もう一度きちんと、今度は必ず英語を話せるようになること』を目指します。

f:id:yuyulani:20170121140722j:plain

 

  

 

「やり直し英語」は、

TOEICで900点を目指すことでもなく、

今度こそ生きた本物のネイティヴの言うことを理解出来て、わたり合える英語力を身につけることです。

 

 

 

 

では、そこを目指して行く前に。

 

  

 

 

 

英語を勉強すると言う事は、ちょっとジェットコースターに乗るのと似ていたりします。

 

 

 

わぉ〜〜!!聞き取れた!分かった!!!

通じた!イェ〜〜い!!!っていうのと、

  

 

 

  

うわぁ、もう無理だ!

もうやめる〜〜( ̄▽ ̄)

 

 

  

 

ということの繰り返しだったりしませんか?

 

 

I know!!

 

 

 

長い期間勉強すればするほど、そうなります。

 

 

  

 

では、

わぉ〜〜!!イェ〜〜い!!!楽しい!

と思える繰り返しにするには、

やっぱり英語に対する「自信」をつけることです!

 

 

 

これしかないです。

 

 

 

では、

英語を話すための「自信」を手に入れるために、今日からあなたができる7つのヒント

 

  

 

 

1、間違ったって良いじゃない。間違いを怖がらずに話すこと。

 

 

 

間違っても良いからアウトプットしてみる。

これがやっぱり何と言っても近道だし、効果的な方法なんですよね。

 

 

  

 

自分の間違いほど、自分の英語力を高めてくれるものは他に無い!

自分の間違いを愛してください。

 

 

  

文法書にしがみついてたら駄目!

とにかくアウトプットして沢山間違えること。 これしか無いです。

 

 

  

 

間違ったままではいけませんので、

次の2が必要になります。

 

 

  

 

2、共に学べる人を見つけること。

 

今、昔とは違って英語を学ぶチャンスは無限にあります。

オンライン上で学習パートナーを見つけることだって簡単に出来ますよね。

 

同じく英語を勉強している人、

英語に日常的に触れている人と共に勉強すること。

 

 

でも、注意してほしいことがあります。

  

1週間に1回や2回など、定期的にSkypeやSNSなどで連絡を取れる人であること。

 

 

 

そして、信頼出来る・一緒に居てリラックスして楽しい人であることが望ましいでしょう。

 

 

砕いて言いますと、「安心して間違えられる相手」そして、「ここが間違ってるよ。」と気楽に指摘してもらえる相手という訳です。

 

 

3、ボディーランゲージをふんだんに。

 

まず、微笑みはマストです。

そして、きちんと目を見て話すこと。

 

 

英語がコミニケーションのツールです。

ですから、上手にコミニケーションをとらなきゃ。

 

それには、笑顔。

 

 

だって、想像してみてくださいね。

英語ネイティヴスピーカーだって、

拙い英語を話す人であっても、笑顔の感じの良い人には、優しく親切に助けてあげよう!って思うでしょう?

  

 

私も20代で海外生活を経験した時、それまで学校の勉強としての英語はものすごくがんばっていたつもりでいたけれど、全く通用しない現実に愕然とする日々。

 

でも結局私が選択したのは、拙くても笑顔で話すこと。

 

 

色んな国籍の人達が周りにいる環境でしたが、

「Yukoはいつも笑ってるね。Keep smiling!!」って、優しくしてくれて、いろんな場所や機会に誘ってくれました。それがあったので、英語がどんどん上達したんです。

 

   

もともと関西人ですので、話すときの身振り手振りは大きい方。

 

 

  

自分よ英語が伝わらない時は、思いっきりボディーランゲージで挑戦しました。それでいいんです。

 

 

・アイコンタクト

・笑顔

・ジェスチャー

 

 

全てボディーランゲージですが、大切ですよ。

 

 

4、はっきりと大きな声で話すこと。

  

 

やっぱり、滑舌よく落ち着いてお腹から話す。こういう風に話すことで伝わるようになる効果は絶大ですね。

 

  

 

うつむいて自信なさげにブツブツと話す。

伝わるわけがないし、ますます自信をなくします。

 

 

「こんな大きな声で堂々と間違ってはるわ。」なんて、誰も思いませんから大丈夫!!

 

 

私も、英語を話すときの方が声のトーンが落ちるんです。

 

きっと自分で処世術として、伝わりやすくするには、ハイトーンでキャッキャと話すよりも、トーンを落としてはっきり話そう!と自然と身につけたのだと思います。

 

 

話す練習をしてみる中で、どうやったら伝わりやすいかなぁと言うことを自分でもいろいろ探ってみることがお勧めです。

 

 

その中でも、はっきりと大きな声で話す事は必須ですね。

 

 

5、正しく発音する努力をすること。

 

 

発音は気にしなくても良いとおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

でも、せっかくもう一度英語をやり直してみるのなら、きれいな発音で話したくはないですか?

 

  

 

英語を話すときの発音は、どうしても母国語の影響を受けてしまうんですが、英語の口の使い方・舌の使い方というのを、徐々に知っておいて、きれいな発音を身に付けたほうが断然伝わる英語に変わります!

 

 

発音・アクセント・イントネーションの間違いによって、伝わらない。という経験は、やっぱり自分でもイライラしますし、屈辱的ですし、恥ずかしいですよね。

 

 

でも、一旦発音に注意して話せるようになれば、聞き返されることもなくなり、

わぉ〜〜!!イェ〜〜い!!!楽しい!に変わっていくわけです。

 

 

 

6、映画・ドラマ・動画で生きた英語を身につけること。

 

 

映画やドラマを見ることは、生きた英語を学べる。

 

これは幾度となく言われてきていることだと思います。

  

 

でも付け加えておきたい事は、

 

・必ず自分のレベルにあったものを選ぶこと。

  

・自分が好きなジャンルのものを選ぶこと。

 

 

子供用の動画だって、アニメだっていいじゃないですか!

  

そして覚えたフレーズなんかを独り言練習することは、物凄くおすすめです。

 

お風呂に入っている時とか、洗い物をしている時。

  

 

そこから会話を広げちゃって、

聞き役、答える役も両方自分でやっちゃうのです。

 

そうすると、どんな感じで会話が進むか?の想定をしながら英語を話す癖も付きます。

 

 

これも、楽しく出来そうだと思いませんか?

 

 

7、色々な練習を組み合わせてすること。

  

 

1つの練習ばかりに固執していると、そのうち飽きてしまいますし、モチベーションも落ちてしまいます。

 

なので、1から6でご紹介したような練習を賢く組み合わせてやってみることをお勧めします。

  

 

 

私のやり直し英語セッションでは、

毎日のLINEを使ったやり取りの中で、皆さんに自信を持って英語話していただけるようになるために、上の1から6を日々組み合わせて練習しています。

 

  

Skypeレッスンも週に1度。

 

どんな感じなのか?と気になる方がいらっしゃいましたら、初回30分無料Skypeセッションをさせていただいておりますので、よかったら下記のURLよりお申し込みください。

 

 

 

https://maroon-ex.jp/fx43050/JKiuUh

 

 

 これから日々、

「今度こそ英語を話せるようになるために」のヒントをお届けしていきます。

 

 

お楽しみに!

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

やり直し英語コーチとして

私がお伝えしていきたいことはこの5つです。

 

 

1.英語を話せることによって、グンと世界は近づくということ。

 

2.このグローバル時代に、日本にとどまらず、世界中に友達が作れるということ。

 

3.世界中のニュースを英語のまま理解できると、選択肢が格段に増えるということ。

 

4.自信を持って、世界中の何処にいても自分を表現できるようになること。

 

5.広い視野・視点で物事を見られるようになり、万人に優しくなれるということ。

 

 ※※※※※※※※※※※※※※※※

 やり直し英語コーチYuko公式メールレター読者登録

今度こそ本物の英語を話せるようになるヒント満載の

メールレターへのご登録は、こちら↓

peraichi.com

 

英語を通して、あなたの人生が少しで豊かに色づきますように。

 

Yuko