読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eigoでキラリ 同時通訳コーディネーターが教える『英語を話すのにTOEICはいらない』

一度きりの人生、世界中をできるだけ沢山、思い残すことなく巡りたい!子供にも世界を見るすばらしさを伝えたい。物怖じせずに出ていける人になってほしい。そして、日本の英語に苦手意識のある方々に難しく考えなくっていいよ、伝わる英語を話せたらいい!ってお伝えするブログです☆

幼少期に海外のススメ。 様々な場所・国の「親子留学」について調べてみた!(2017年・2018年版)リサーチ編 #1

やり直し英語コーチYukoです。
「英語で日常会話を困らないようにする」

ためのお手伝いをさせていただいております。 

 


f:id:yuyulani:20170330053049j:plain

現在、うちの長男が9歳。長女が5歳。
長女もずいぶんしっかりしてきたので、
「親子留学」に興味が出てきました。

  

 

 

一貫して思っていることは、
これからの時代、世界のどこにいても自分で意思疎通ができて渡り合って行ける。
そんな人間になってほしい。


というのが子育てをしていて、軸として私が思っていることです。

  

 

そして、「親子留学」をふと考えるようになり始めました。

 

 

 

「親子留学」とは何か?

  

 

海外で、親は語学学校もしくは正規学校に通って、子どもは託児所・保育園・幼稚園・小学校のいずれかに通学するといったスタイルが一般的なようです。

  

 

親子留学に参加する子供たちの年齢は2歳〜10歳くらい。
それ以降の年齢になると、単身で留学を考える方が多いようです。
 

 

 

実際、私は14歳で単身ホームステイを初体験。ただ、14歳という歳で単身で初めて海外というのは、結構ハードルが高くて怖かったのを覚えています。

  

 

親子留学を経てから、単身でホームステイという道があるなら、我が子にはそうしてあげたいなと思っています。

 

親という絶対的な安心存在が傍にいる環境で、安心していつもと違う環境に飛び込んでいって欲しい。

 

そんな気持ちがあります。

 

もしかしたら、親の方が子供に助けられる、救われるような場面もあったりして、

成長を感じられるかもしれません。

お互いの絆が深まることは間違いないでしょう。

 

f:id:yuyulani:20170330053241j:plain


なぜ「親子で海外旅行」ではなく、「親子留学」なのか?


子供が小さいうちに一緒に家族で海外旅行ももちろん素敵です。うちの家族も、できれば、もっともっと行きたいです。

ただ、親子留学を視野に入れたのは、



☆親も子も共に何かに脱日常空間で取り組んでみることで、お互い同士のような気持ちになり、成長を確認しあえる


☆幼いうちから、多民族な空間で学習することに違和感を覚えないスタイルを構築したい



☆そして何より、英語で憶せずに自分を表現していく基盤を作りたい。




というのが狙いです。

 

うちの家族の場合、2018年3月に実践!!を目標として先ずはリサーチから開始してみたいと思います。

 


「親子留学」の行き先の国は?

最近はアジアの国々も加わり、選択肢が増えていますが、


人気トップは、

オーストラリア・ニュージーランド

そして、

ハワイ


カナダ


イギリス


マレーシア


シンガポール


セブ



などがあります。



ゆっくり費用のことなども視野に入れて検討したいと思いますが、

 

今のところ希望第1位は、ハワイ。

f:id:yuyulani:20170330053140j:plain


第二希望が、セブ島です。



初めての経験ですので、留学エージェントを使うことを考えていますが、この留学エージェント選びも重要になってくると思います。

 

 

ここを間違うと大きく満足度が変わってくるかと思います。

今、資料を取り寄せ中ですが、きちんとあらゆる角度から

比較検討してみたいと思っています。





ハワイを希望している理由

 

もしかしたら勝手なイメージかもしれないのですが、

 

☆スクールもプログラムも充実していそう。

☆住居選びも困らなさそう。
そして、其処からスクールまでの移動が便利そう。


☆息抜きのお遊びプランにも困らない。

 


☆1年中暖かな恵まれた気候の中で、親も子もリラックス出来そう。



ということがあります。

 

セブも今や東京から直行便が物凄くお手軽価格で出ていたり、

住居や食事も付いているプログラムだったりとかなり魅力的です。


何より、南国ですしね。

 

しっかり比較検討して、実現までシリーズ化させたいと思います。 

 

 

資料が届いたら、また!!

  

 

Have a good day !!

 

Yuko

 

この記事を書いているひと 

やり直し英語コーチ Yuko☆

f:id:yuyulani:20170126044027j:plain

10歳の時にアメリカ帰りの隣のお姉ちゃんとの

英語レッスンがあまりに楽しく、それから

ずっと英語が大好きに。14歳で海外デビュー。

国立の外国語大学に入学し、世界のあちこちを旅する。

卒業後、20代で単身海外生活へ。

2児のママになった今も英語に関わり続け、

少しでも「英語をやり直したい」と思う方の

お役にたてたらと思って日々活動中♪

 

※※※※※※※※※※※※※※※※

やり直し英語コーチとして

私がお伝えしていきたいことはこの5つです。

※※※※※※※※※※※※※※※※ 

 

1.英語を話せることによって、グンと世界は近づくということ。

 

2.このグローバル時代に、日本にとどまらず、世界中に友達が作れるということ。

 

3.世界中のニュースを英語のまま理解できると、選択肢が格段に増えるということ。

 

4.自信を持って、世界中の何処にいても自分を表現できるようになること。

 

5.広い視野・視点で物事を見られるようになり、万人に優しくなれるということ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※

やり直し英語コーチYuko公式メールレター読者登録

今度こそ本物の英語を話せるようになるヒント満載の

メールレターへのご登録は、こちら↓

 

 

あなたへのおススメ記事